Hide

一悟術ヒーリング 一悟術リーディング


コメントする

6. 本質的自己(魂)とつながる

 

魂とは何でしょう?

 

辞書には

下のように書いてあります。

 

生きものの体の中に宿って、心の働きをつかさどると考えられるもの。古来、肉体を離れても存在し、不滅のものと信じられてきた。

出典:goo辞書 – デジタル大辞泉

 

 

生まれ変わりという説がありますが、

魂はその主体と考えられます。

 

前世、前々世、、

と転生を繰り返すもの。

 

 

その目的は何でしょう?

 

 

学び、成長するためという説があります。

 

何らかの生命体に宿り、

人生を経験することにより成長する。

 

 

そのような考えからすると、

自己成長は、魂の成長の一部とも言えます。

 

 

魂の声は微細なため、

 

潜在意識が整理されていないと、

聴こえません。

 

 

潜在意識のクリアリングが進むと、

 

魂の声が大きくなり、

魂とのつながりが深まります。

 

 

それにより、

魂の欲求に沿って生きやすくなります。

 

 

そしてそれに沿って生きると、

 

人生に深い喜び、たのしさを

感じられるようになっていきます。

 

 

 


コメントする

2. 観念(信念、強い思い込み)をゆるめる

 

観念とは何でしょう?

 

 

辞書では下のように書いてあります。

 

物事について抱く考えや意識

出典:コトバンク

 

 

ここでは、

 

固定観念、

信念、

強い思い込み、

 

といった意味で使います。

 

 

例えば、

 

赤信号は渡ってはいけない、

お金持ちは悪いことをしている、

子供は可愛い、

 

といったものから、

 

 

〜さんは〜だ、

私は〜だ、

 

といったものまで様々です。

 

 

うまく機能すると、

自転車でいう補助輪のような役割を果たしますが、

 

必要なくなったのに持っていて、

逆に足かせになっていることもあります。

 

 

自分で認識している

(顕在意識領域の)観念もあれば、

 

認識していない

(潜在意識領域の)観念もあります。

 

 

気づかずに持っていると、

知らずに足を引っ張っていることがありますので、

 

なるべく気づいて、

手放して行くと良いでしょう。

 

 

手放し方ですが、

 

強い思い込み

ということですので、

 

弱めることで

観念では無くなります。

 

 

例えば、

 

(歩行中)赤信号では渡ってはいけない、

 

という観念を持っていたとします。

 

 

その場合、

自分の中で赤信号で渡るという選択肢はありません。

 

 

渡ろうとしたら、

(安全であったとしても)恐れなどの感情が出てくるかもしれません。

 

 

それはある意味では安全ですが、

 

自転車の補助輪のように、

自由度を制限するものでもあります。

 

 

もしこれを手放すとすると、

次のような方法があります。

 

 

思考の中でゆるめる

 

観念に対して、反論していきます。

 

車がいないときは赤信号で渡っても問題ない、

警察がいなければ特に問題は起こらない、

赤信号で渡っている人もいる、

気をつけていれば問題ない、

車がいないのに待っている方がおかしい、、

 

など。

 

同時に、

 

出てくる感情を感じて、

手放していきます。

 

うまく行くと、

 

観念が緩んで、

赤信号で渡っても渡らなくてもどちらでも良くなります。

 

 

行動でゆるめる

 

観念と反対の行動をしてみます。

 

この場合であれば、

実際に赤信号の時に渡ってみます。

 

全く車がいない、

どう考えても渡れる時などに渡ってみます。

 

この場合も、

 

出てくる感情を感じて、

手放していきます。

 

うまく行くと、

潜在意識レベルで書き換わります。

 

赤信号で渡っても特に何も問題は起こらない、と。

 

 

①、②がうまく行くと、

 

観念が緩んで、

赤信号で渡っても渡らなくてもどちらでも良くなります。

 

そして次からは、

赤信号で渡るか渡らないかは自己選択になります。

 

 

自分に近い観念(自分は〜だ、など)ほど難易度が高いので、

 

まずは自分から遠い、

どうでもいい観念から手放して行くと良いかと思います。

 

 

 


コメントする

二泊三日で潜在意識を変える

本当に自分を変えるには、潜在意識を変える必要があります。

 

良く顕在意識は氷山の一角、潜在意識は氷山の海中部分と例えられます。

 

例えば顕在意識でこんな自分になりたいと思っていても、

潜在意識は変化するのが怖いと思っていたら、そちらが実現します。

 

潜在意識の方が遥かに大きいので、そちらを変えないと変化できないのです。

 

潜在意識を変化させるコツとして、

二泊三日以上かけて落とし込むという方法があります。

 

例えば旅に出て、自分らしい状態で二泊三日以上過ごします。

 

そうすると変化が定着するため、元に戻りにくくなります。

 

もし三日以上時間がとれるときは、

なりたい自分になって過ごしてみると良いかもしれません。

 


コメントする

自己否定から自己肯定へ

今の世の中の多くの人は、自己否定から行動しているように思います。

 

自分の感覚や感情に蓋をして、理性で動く。

 

それを小さな頃から家や学校でトレーニングされます。

 

そして会社では、うまく自分に蓋をして、理性でコントロールして動くことが要求されます。

 

昭和にモーレツ社員というのがあったそうですが、その頃がピークだったのではないかと思われます。

 

そこから徐々に、自己肯定して生きる時代に変化してきているように感じています。

 

自己否定とは、自分に蓋をしている状態です。

 

潜在意識の本来の自分に蓋をして、セルフイメージやアイデンティティといった自分の枠、箱の中に収まる。

 

それには感覚や感情を麻痺させることが有効でしょう。

 

自己肯定とはその逆です。

 

感覚や感情を開き、

潜在意識の本来の自分を受け入れ続ける。

 

実は自分自身と向き合い続けることが必要です。

 

それが大変だからこそ、多くの人は自分に蓋をし続けます。

 

自分を否定しているので、それを他人に投影すると、他者否定もしがちです。

 

しかしそれは対処療法で、一瞬楽にはなりますが、改善はされません。

 

一方、自分と向き合って受け入れ続けると、少しずつですが改善されていきます。

 

段々と向き合う力も高まり、そうすると自己肯定感はさらに高まっていきます。

 

自己肯定感が高くなると、その分自分の潜在能力を扱えるようになります。

 

個性が大事と言われますが、自己否定したまま個性を発揮するのは無理があって、

自己肯定から自分本来の性質や才能を発揮するのが正攻法かと思います。

 

今年になって、その流れが一気に加速してきたように感じています。

 

逆にこの先自己肯定して生きる人が増えてくると、

自己否定から頑張るやり方では通用しなくなってくるのではないかとも感じています。

 

この流れに乗って、自己肯定して生きる方向へと進んでいけたらと思います。

 

また一悟術のセッションを通して、

自己肯定感を高める=自己否定を癒す、サポートもしていけたらと思っています。


コメントする

3/25(日)、4/15(日) 覚醒塾無料説明会 @大阪市内

 

5月からの覚醒塾第1ステージ第2ターム開催の前に、

覚醒塾の無料説明会を開催します。

 

覚醒塾についてや、第1ステージ第2ターム:反応に気づき対処する基礎力についてなど、

直接お会いしてお話しできたらと思っています。

 

ヒーラーの柴田ともみさんとの共同開催となります。

 

特に参加資格などありませんので、

お気軽にお越し頂けたらと思います。

 

ご参加お待ちしております。

 

 

日時:   3/25(日)、4/15(日) 14:00〜16:00

場所:   大阪市内(場所は参加者に別途お知らせします)

参加費:  無料(お茶代実費)

問合せ・お申込先: お申込み・お問合わせフォームより

 

 

覚醒塾についての詳細は下記リンク先をご参照願います

 

覚醒塾


コメントする

5月〜2019年1月頃予定 覚醒塾第1ステージ第2ターム:反応に気づき対処する基礎力 @大阪府堺市内

2017年は覚醒塾 第1ステージ 第1ターム:自分の本音に合った選択の技術を開催しました。

 

2018年はその次のステップ、 第2ターム:反応に気づき対処する基礎力を開催します。

 

第1ステージ:生まれながらの自分に立ち返る旅

第2ターム:反応に気づき対処する基礎力

第11講 ポジティブシンキング
第12講 ありのままに物事をとらえる(基本)
第13講 常に反応をみつめる
第14講 視野を広げるトレーニング
第15講 音をみるトレーニング
第16講 反応に対する客観性をあげる
第17講 客観性を保った反応の処理
第18講 反応の原因を探る
第19講 反応の種の処理
第20講 物事をありのままにとらえる(実践)

 

私たちは日常から様々な(内面的な)反応をして生きています。

 

反応が反応を呼び、勝手に感情が湧き起こる。

そしてその感情に突き動かされて、言動を行う。

 

そのような状態では、なかなか物事をありのままにはとらえられません。

 

しかし逆に言うと、反応への対処ができれば、

 

反応が減り、ニュートラルでいられる時間が増え、

自然と物事をありのままにとらえられるようになります。

 

第2タームはそのための基礎力を身につける内容となっています。

 

今回も昨年に引き続き、

ヒーラーの柴田ともみさんとの共同開催となります。

 

ありのままの自分で生きたい、

自分らしく自然体で人生を生きたい、

 

そんな皆様のご参加をお待ちしております。

 

 

1ステージ第2ターム:反応に気づき対処する基礎力

日時:   5月〜2019年1月頃予定 全10回(月1回 2時間のレクチャー)

場所:   大阪府堺市内(場所は参加者に別途お知らせします)

定員:   3〜5名

参加資格: 第1ステージ第1ターム修了者

参加費:  160,000円(一括 または 分割(各回16,000円))(税込)

問合せ・お申込先:お申込み・お問合わせフォームより

 

覚醒塾についての詳細は下記リンク先をご参照願います

覚醒塾

 

 

 


コメントする

自己肯定的に生きる

自己肯定とは何でしょう?

 

聞いたことはあるので何となくわかるけど、

ちゃんとはわからない、といった感じかもしれません。

 

私もそうだったのですが、色々と学んできて、

現在はこのようなものと捉えています。

 

自己とは、顕在意識だけでなく、潜在意識も含めた自分。

(幼少期の自分や過去生の自分も含む)

 

その中で自己として受け入れている部分=自己肯定

受け入れず蓋をしている部分=自己否定

 

自己肯定的に生きるとは、自己否定している部分を受け入れて、

自己否定を減らしていくことではないかと考えています。

 

感性を高めて、蓋をしていた自分に気づいたり、

抑圧していた感情に気づいたり、心の傷を癒したり。

 

(自己否定を他人に投影して)他者否定している自分に気づいて、

自己否定に気づいたり。

 

そうやって、自分の枠を広げていく。

 

自分と向き合う必要があるので、簡単ではありませんが、

自己肯定感は自分の性質や才能を活かすベースとなります。

 

昭和の時代は、

自己否定的に頑張るやり方が主流だったかもしれませんが、

 

平成も終わりに近づき、

これからは、自己肯定的な生き方が主流になっていくのではないかと感じています。