片づけで見つけた自分らしさ

この記事は約3分で読めます。

 

9月に白馬に引っ越してから、主に片付けをしていました。

 

大阪にいた時より小さなアパートを選んだので、ものが溢れていたのです。

前のアパートは収納スペースが充実していたので気づきませんでしたが、こんなにも、ものが有ったのかと驚きました。

 

自己成長が進むほど合うものがシビアになる、と聞いたこともあり、ごそっと片付けることにしました。

 

せっかくなので、「人生がときめく片付けの魔法」を読み直し、本に書いてある順番に沿って、捨てていきました。

 

衣類 →本類 →書類 →小物類 →思い出品

 

ときめくかどうか、という感覚で取捨していきます。

 

本では一気に、と書いてありましたが、実際にはなかなか進みませんでした。

心理的な抵抗が出て、なかなか進められなかったのです。

会社を辞めて、白馬に引っ越してきたことは、思った以上に大きな変化で、自分に合うものが大きく変わっていました。

 

どうやら、もう自分に合わなくなったものは、過去の自分に縛り付ける錨のような役割を果たしていたようです。

これを手放したら変化してしまう、と、エゴ(自己防衛本能)が抵抗してきます。

 

そのため、捨てることは、過去の自分を捨てるような感覚を伴っていました。

過去の自分が死んでいくような、、自分を切り落とすような感覚。

感情のクリアリングを繰り返しながら、1ヶ月以上かけて捨てました。

 

大変でしたが、片付け後はかなり感覚が変わっていました。会社や大阪、過去の自分は別の世界のことのようにも感じました。

 

以前はネガティブに囚われることも多かったのですが、片付け後はエネルギーに満ち、やる気があるのが普通になってきました。おそらくこれが本来の自分なのかと思います。

 

また片付けを通して、自分に合うものへの感覚が研ぎ澄まされたようにも感じます。

その為、合わないものが買えなくなってきました。

 

逆にいうと、今までは合わないものを持って、変われないようにして、エゴを安心させていたのかもしれません。

(顕在意識では)進もうとしながら、(潜在意識では)引っ張っていて、結局変化できない。

そんな自作自演。苦しいからもうやめよう、と思いました(笑)

 

片付けは意識していましたが、こんなに重要なものだったとは、、今回思い知りました。

 

また、感情をクリアリングしたことにより、抵抗を超えたのでしょうか? 何だか片付けが好きになってきました。

 

年末に向けて、さらに片付けを進めていけたらと思います。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました