覚醒塾

この記事は約3分で読めます。

 

スポーツでも何でも、

心技体の中で一番重要なのは「」と言われます。

 

しかし、その上達方法は、

あまり知られていないのではないでしょうか?

 

 

覚醒塾

 

覚醒塾は、

この「」の部分をトレーニングするプログラムと言えるかと思います。

 

覚醒とは、意識が目覚めた状態目覚めることですが、

それは「心」の高まった状態(意識が目覚めて、心を扱える状態)と言えます。

 

 

スポーツや音楽、武道などでは、

上達のための様々な基礎練習があります。

 

 

それと同様に、覚醒塾の一つ一つのワークは、

「心」の上達のための基礎練習となっています。

 

そして、その一つ一つのワークは有機的につながっていて、

連鎖的に覚醒が進んでいきます。

 

 

武道で例えるなら、型を覚えるところから始まって、

守・破・離と上達していくことと似ているかもしれません。

 

また、別の見方では、

日本古来の修行から、苦行的な要素を無くしたもの、とも言えるかもしれません。

 

 

覚醒塾のワーク1回10分程度のため、

日常の中で覚醒を進めていくことが可能です。

 

 

覚醒塾のカリキュラム

 

覚醒塾は以下のような長期的なカリキュラムになっています。

 

 

第1ステージ:生まれながらの自分に立ち返る旅

第1ターム:自分の本音に合った選択の技術

第2ターム:反応に気づき対処する基礎力

第3ターム:言語支配と不安からの解放

 

第2ステージ:主体的に生きるベースとなる基礎的知覚力を磨く旅

第4ターム:時間を細分化してとらえる能力

第5ターム:身体的バランスを整える足裏感覚

第6ターム:呼吸と気の流れのリンクプロセス

 

 

年1タームの開催で、

第1ステージ2回受けてから、第2ステージへと進みます。

 

*各タームごと、全国の覚醒塾ティーチャーから受講が可能です

 

 

Hide・覚醒塾開催予定

 

現在、第1ステージ第1タームを募集しています。

(開催場所は、長野県・白馬村を予定)

 

 

第1ステージ:生まれながらの自分に立ち返る旅

第1ターム:自分の本音に合った選択の技術

第1講: 覚醒とは何か、好きなことを選択する

第2講: 覚醒に必要不可欠な聴覚

第3講: 初心を覚えていること

第4講: 明日死ぬとしたら

第5講: メリットとデメリットを意識する

第6講: メリット・デメリットを同数あげる

第7講: 腹式呼吸

第8講: 立ち位置の選択

第9講: 選択の仕上げ

第10講: 生きるという選択

第1ターム仕上げ

 

月1回開催(各回2時間)、約11ヶ月を予定

 

 

第1タームは、

人生のベースとなる技術が揃っている様に感じます。

 

3〜5名以上集まると開催可能ですので、

ご希望の方はお問い合わせ願います。

 

 

関連記事

 

覚醒塾についてより詳しくは、下記のリンク先をご参照ください。

 

覚醒塾 | 株式会社今を生きる人

 

 

Hideをフォローする
たましひと繫がって、たのしく生きる 〜 一悟術ヒーラー/リーダー/感情カウンセラー Hide HP
タイトルとURLをコピーしました