よくあるご質問

この記事は約4分で読めます。

 

一悟術ヒーリング、一悟術リーディング

 

ヒーリングとリーディングの違いは?

ヒーリングは英語のheal(癒す)から来ており、エネルギー(波動)で癒すこと

リーディングは英語のread(読む)から来ており、見えない情報を読むことです。

 

リーディングとチャネリングの違いは?

チャネリングは英語のchannel(水導管で運ぶ、流す、伝える)から来ており、何らかの霊的存在とつながって情報を得ます。

一方、リーディングは、何らかの情報の集積場とつながってそこから情報を得ます。

 

一悟術ヒーリングと一般的なヒーリングの違いは?

一般的なヒーリングは、肉体に近い領域、主にエーテル体(生命体、生気体)と呼ばれる領域をヒーリングするものが多いように思います。

一方、一悟術ヒーリング潜在意識の深い領域、主にメンタル体(精神体)(←基本解消ヒーリング)やコーザル体(元因体、因果体)(←過去生ヒーリング)と呼ばれる領域のヒーリングを行います。

 

一悟術リーディングと一般的なリーディングの違いは?

一般的なリーディングは、例えばアカシックレコードリーディングのように何らかの霊的な情報庫とつながって情報を得ます。

一方、一悟術リーディングは、アカシックレコードに限らず、宇宙全体から、必要な情報を集めます。

宇宙グーグルと考えると、イメージしやすいかもしれません。

そこで検索に引っかかった情報を、エネルギーとして潜在意識で受け取り、それを言語化して伝えます。

 

一悟術ヒーリングの受け方は?

椅子に座って目を閉じて受けます。

3分半(+1分休憩)+3分半、目を閉じている間に、ヒーラーはヒーリングを行います。

 

解消されたバーストラウマ・インナーチャイルドが元に戻ってしまうことはない?

バーストラウマインナーチャイルドは、通常成人する頃までには安定し、それ以上増えない状態になっています。

そのため、一度解消すれば、元に戻ってしまうことはありません。

 

一悟術ヒーリングで簡単にトラウマを解消してしまうのは、ズルにはならない?

これは新幹線で東京に行くことと似ているかもしれません。

歩いて行ってもいいですが、新幹線で行くことで、東京での活動をすぐに始めることが出来ます。

人生の特急券のようなイメージでしょうか?

 

実際に古神道の修行者は、一悟術ヒーリングを使って悟りの第一段階まで進み、そこからさらに、生きながら神になる修行を進めていた、と言われています。(りへの番の

 

また、現代人は西洋医学的な出産方法により、バーストラウマが大きい傾向にあります。

そのため、そもそも身体を通して学びをするのが困難なほど、バーストラウマ・インナーチャイルドが大きくなってしまっている場合があります。

その場合は、トラウマを解消することにより、本来の学びを進めやすくなる可能性があります。

 

 

感情カウンセリング

 

感情カウンセリング(通常セッション)と一般的なカウンセリングの違いは?

一般的なカウンセリングは、ある程度同調して進めることが多いように思います。

一方、感情カウンセリングでは、カウンセラーは感情的に安心できる場を作ることを主にしています。

それによりクライアントは、同調せずありのままの自分でいられるようになります。

その上で、内面的な気づきのサポートを行うため、自然と(ご自身で)答えを見つけやすいセッションとなっています。

 

感情カウンセリング(トレーニングコース)の方法と、本に載っている方法の違いは?

人生が変わる感情のクリアリング [ 谷孝祐 ]」、「感情の取扱説明書 [ 谷孝祐 ]」は、感情を自分の中(内側)で扱う方法が書かれています。

一方、トレーニングコースでは、自分の外(と内)で扱う方法を学びます。

これは対面でしか伝えられない技術ですが、本に書いてある方法に比べて、より本質的洗練された方法となっています。

 

 

全体

 

一悟術ヒーリング、一悟術リーディング、感情カウンセリングを受けるのに、オススメの順番は?

一悟術ヒーリングからがオススメです。

というのは、バーストラウマインナーチャイルドを解消すると、感情の発生が減るからです。

その上で、感情カウンセリング(トレーニングコース)感情と向き合ったり、一悟術リーディングインナーチャイルドと向き合ったりすると、ヒーリングする前に比べて、はるかに楽に、スムーズに進めることが可能です。

ブレーキを外してから、アクセルを踏むようなイメージでしょうか。

 

また、入りとしては、感情カウンセリング(通常セッション)もオススメです。

感情的に安心できる場で、自分のことや、自分の本音を知ることができるかと思います。

 

 

タイトルとURLをコピーしました