感情カウンセリング

この記事は約2分で読めます。

 

感情カウンセリング

 

感情カウンセリングでは、以下のメニューを扱っています。

 

通常セッション

トレーニングコース

 

 

①感情カウンセリング – 通常セッション

 

一般的なカウンセリングと同様に、様々なご相談をお受けします

 

カウンセラーが感情的に安心できる場を作るため、

話を聴いてもらう中で、自然と答えを見つけやすいセッションとなっています

 

(注意点)トレーニングコースの内容は扱えません

 

 

②感情カウンセリング – トレーニングコース

 

全10回のトレーニングにより、感情を扱う方法を学びます

 

内容:

感情のとらえ方感情との距離感

基本位置の定着怒りを出す

悲しみに耐える取り扱いの自由度をあげる

変化の振り返り

感情の種類感情と感覚の違い

感情への耐性強化

感情のクリアリング

感情の種のクリアリング

 

感情トレーニングでは、感情を適切に扱い

感情の本来の機能(心を伝える媒質、自分を動かすブースター)を生かすための基礎を身につけます。

 

 

感情カウンセリングで期待される効果

 

感情と適切な距離が取れるようになる

感情を主体的に扱いやすくなる

感情のクリアリングが進む

微細な感情をとらえやすくなる

感情的に安定する

・感情の下にある本音をとらえやすくなる

自己理解が進む

自己肯定感が高まる

ありのままの自分の個性と才能を発揮しやすくなる

他人を受け入れやすくなる

親子関係が改善される

人や社会との関係が改善される

 

※効果は人によって異なります

 

 

関連記事・書籍

 

感情カウンセリングについてより詳しくは、下記のリンク先をご参照ください。

 

はじめての方へ | 一般社団法人感情カウンセラー協会

 

関連書籍:

 

 

関連記事:

感情を知覚して、感じつくし(感じ切り)、クリアリングする

エネルギー体から見る自己成長

 

 

タイトルとURLをコピーしました