感情カウンセリング

この記事は約2分で読めます。

 

感情カウンセリング

 

感情カウンセリングでは、以下のメニューを扱っています。

 

通常セッション

トレーニングコース

 

 

①感情カウンセリング – 通常セッション

 

一般的なカウンセリングと同様に、様々なご相談をお受けします

 

 

(注意点)トレーニングコースの内容は扱えません

 

 

②感情カウンセリング – トレーニングコース

 

全10回のトレーニングにより、感情を扱う方法を学びます

 

内容:

1. 「感情のとらえ方」「感情との距離感

2. 「基本位置の定着」「怒りを出す」

3. 「悲しみに耐える」「取り扱いの自由度をあげる」

4. 「変化の振り返り

5. 「感情の種類」「感情と感覚の違い

6. 「感情への耐性強化

7,8. 「感情のクリアリング

9,10. 「感情の種のクリアリング

 

 

感情トレーニングでは、

 

感情を適切に扱い

感情の本来の機能(心を伝える媒質、自分を動かすブースター)を生かすための基礎を身につけます。

 

 

受講後は、日常で使っていく中で、

 

スキー等のスポーツのように、

年々、「感情の取り扱い」を上達させていくことが可能です。

 

 

こんな方にオススメ

 

両親と確執がある

夫婦関係にわだかまりがある

職場の人間関係に悩んでいる

子どもとの距離感に悩んでいる

自己否定感がある

・原因のわからない倦怠感だるさがある

人生におけるネガティブなパターンから抜け出せない

金銭感覚に悩んでいる

生きる意味が見出せない

 

 

関連記事・書籍

 

感情カウンセリングについてより詳しくは、下記のリンク先をご参照ください。

 

はじめての方へ | 一般社団法人感情カウンセラー協会

 

 

関連書籍:

 

 

 

関連記事:

感情を知覚して、感じつくし(感じ切り)、クリアリングする

 

 

たましひと繫がって、たのしく生きる 〜 ヒーラー/リーダー Hide HP
タイトルとURLをコピーしました