見えない身体の医学

 

現代の医学(西洋医学)は、主に身体を治療するものですが、オーラなどの見えない身体(エネルギー体)を治療する医学も研究されています。

 

それは、エネルギー医学(波動医学)などと呼ばれています。

 

例えば、下記のような本があります。

 

バイブレーショナルメディスン-いのちを癒す「エネルギー医学」の全体像

 

またウィキペディアにも、下記のような記述があります。

 

エネルギー療法 – Wikipedia

 

エネルギー体とは何かというと、物質的身体と重なるようにして存在する、周波数の異なるエネルギー(波動)の身体です。

 

周波数が違う、というのは、音階で例えるとわかりやすいかもしれません。

物質的身体がドレミファソラシ(ド)の音だとすると、エネルギー体はそれよりキーの高い(ピアノの鍵盤で右側に位置する)ドレミファソラシ(ド)、といったイメージです。

 

周波数の低いところから、順にエーテル体、アストラル体、メンタル体、コーザル体と行ったエネルギー体があるとされています。

 

エーテル体アストラル体メンタル体、コーザル体 – Wikipedia

 

 

エーテル体: 物質的身体の鋳型。一般的に言われるオーラ。多くの病気の発症は、まずエーテル体レベルで(の歪みとして)発生し、からだの臓器における病理学的変化はそれに続いて出現してくる。

アストラル体(感情体): 感情の座。感情的変化の体験、表現、または抑制に関係。体外離脱するとエーテル体・身体から分離される(アストラル投射)。

メンタル体(精神体): 個人の純粋に精神的・知的な思考を表している。各人の人生経験はまずアストラル体とメンタル体レベルで処理されるが、その経緯はコーザル体やそれ以上の周波数の霊的なレベルでさらに統合される。

コーザル体(元因体): 何度もの人生を通じて得られる経験や知識は、このレベルに蓄えられる。ときにハイアーセルフ(高次の自己)と呼ばれる。

(参考:バイブレーショナルメディスン

 

 

この中で、インナーチャイルドなどのトラウマ(満たされなかった想い、心の傷)はどこに関連しているのでしょう?

下記のような関連になっています。

 

 

コーザル体  ⇆ 過去生トラウマ

 ↓↓↓↑

メンタル体  ⇆ バーストラウマ・インナーチャイルド

 ↓↓↓↑

アストラル体

 ↓↓↓↑

エーテル体

 ↓↓↓↑

物質的身体

 

 

西洋医学は、物質的身体に変化が起きてからの治療に特化していますが、エネルギー医学は、その元となるエネルギー体の歪みの治療法と言えるかと思います。

 

ちなみに一悟術の知恵は、陰陽師の治療担当家系で引き継がれたものの流れを汲んでいます。このことからも、日本では、古来よりエネルギー治療が発達していたことがわかります。

(おそらく江戸時代までは、日本でも様々なエネルギー治療があったと考えられます)

 

この関連図に、一悟術ヒーリングを含めた治療を当てはめると、下記のようになります。

 

 

コーザル体 ⇆ 過去生トラウマ        ←過去生ヒーリング

 ↓↑

メンタル体 ⇆ バーストラウマ・インナーチャイルド ←基本解消ヒーリング

 ↓↑

アストラル体 ⇆ 感情           ←感情のクリアリング

 ↓↑

エーテル体              ←東洋医学(経絡や気など)

 ↓↑

物質的身体              ←西洋医学

 

 

現在は、ほぼ西洋医学がメインですが、将来的にはエネルギー医学と分業してやっていくのではないかと予想されます。

 

東洋医学では「未病」という考えがあって、病気になってからではなく、病気になる前の治療こそが重要と言われます。

将来的にはそのような役割を、エネルギー医学が担っていくのではないかと考えられます。

 

 

体は地球人、心は宇宙人!?

 

宇宙人って本当にいるのでしょうか?

 

私は見たことがないのでわかりません。

 

しかし、魂が宇宙人の人は見たことがあります。

というより、日本の若い人達を見ていると、逆に純粋な地球人の方が珍しいくらいです。

 

どうも、1970年代後半以降から、インディゴチルドレンと言われる子どもたちが生まれてきているようです。

 

インディゴチルドレン – Wikipedia

 

確かにそのくらいの年代から、宇宙人の魂を持つ人が多いように感じます。

 

インディゴチルドレンは、以下のような特徴があるそうです。

 

インディゴチルドレンには、クリスタルチルドレンと共通する特徴があります。 どちらも非常に感受性が強く、霊能力があり、重要な人生の使命を担っています。 主な違いは、その気性です。 インディゴたちは、もはや役に立たない古い体制を破壊するために生まれてきたため、戦士の気質を持っています。 一貫性の無い政府や、教育や、法体制を壊すために生まれてきたのです。 その目的を達成するために、激しい気性や烈火のような決意が必要なのです。

変化に抵抗し、既存の慣習を大切にしている大人たちは、インディゴチルドレンを誤解することもあります。 彼らは、注意欠陥多動性障害(ADHD)や注意力欠如障害(ADD)といった精神疾患の誤ったレッテルを貼られることがあります。

(中略)

対照的に、クリスタルチルドレンはいつも至福に満ちていて、情緒が安定して穏やかです。 もちろん、たまには癇癪(かんしゃく)を起こすこともありますが、たいていは寛大で、おおらかです。

クリスタルチルドレンは、インディゴチルドレンが開拓した道の標識から恩恵を受ける世代です。 まず最初に、インディゴチルドレンが先頭を歩き、一貫性を欠いたものを “なた” を振るって片っ端から刈り倒して行きます。 その後、開かれてきれいになった道をクリスタルチルドレンが歩き、より安全で安心のできる世界へと地ならしをするのです。 そして今、恐れというものを持たないレインボーチルドレンが、純粋に惜しみなく与える存在として姿を私たちの前に現わし、私たちの願いに応えようとしています。

ドリーン・バーチュー 日本語公式サイトより引用)

 

また、このような本もあります。

 

アセンション版 宇宙人の魂をもつ人々-数百万の眠れるワンダラー&ウォークインが一挙にライトワーカーになる!

 

アセンション(次元上昇)と言われる地球の進化に合わせて、必要な魂が生まれてきているそうです。

 

私も昔、とあるヒーリングのセミナーで知り合ったおばさん方に、宇宙人と言われたことがあります。

その時は冗談だと思っていたのですが、後々、魂の一つがエササニという星から来ているということがわかりました。

 

インディゴチルドレンは、「もはや役に立たない古い体制を破壊するために生まれてきたため戦士の気質を持っている」ということですが、

確かに地球人中心の社会へ生まれてきているため、パイオニアの役割を担っているように感じます。

 

宇宙人は地球より進化している星から来ていることが多いようですが、地球での転生回数は少ないため、地球への適応が出来ていないことが多いです。

グラウンディング(地球とつながる)力が弱く、現実的な結果を出しにくい傾向があります。

 

そのため、地球人の魂と一緒に生まれてくることで、(地球での)強さを持たせて生まれてきていることが多いようです。

 

(一方で、希望を持って生まれてきたものの、地球の現状に失望し、諦めて生きている宇宙人も多いようです)

 

インディゴチルドレンは、1977年頃から 1994年頃の間に生まれているそうなので、2019年現在は24歳〜42歳になっているはずです。

そうすると、これから社会の中心になっていくと考えられます。

(例えば、年齢層の高い政治の世界にも、徐々にインディゴ世代?が増えてくると予想されます)

 

昭和→平成→令和の変化は、このような、生まれてきた魂の変化も関係しているように感じます。

 

例えば、昭和のモーレツ社員などは、今の若者には無理ではないかと思います。

今の若者がブラック企業などで苦しんでいる構図は、地球人と宇宙人の違いと見ることも出来るかもしれません。

 

そのような ‘戦い’ を経て、世代交代が進み、徐々に世界は変化していくのかもしれません。

 

 

目に見えない世界

 

以前スピリチュアルブームがありましたが、現在はどのくらいの人が見えない世界のことを信じているのでしょうか?

 

昭和〜平成の始め頃は、生まれ変わりの話などしたら、頭のおかしい人と思われたように記憶しています。

でも今は、完全に否定する人の方が少ないようにも思います。

 

ただ目では見えないし、現代科学では測定が難しい領域なので、半信半疑といったところなのかもしれません。

 

個人的には、ある適度知覚できるので、見える世界とも言えます。

 

ところで、「令和」は万葉集が出典ということですが、おそらく当時の日本人は、見えない世界をある程度知覚していたのではないかと思われます。

昔の日本では陰陽師が朝廷で働いていたくらいですので、スピリチュアルが当たり前だったと考えられます。

 

「令和」は、音でいうと「れいわ」ですので、「霊和」のような捉え方もできるかと思います。

そして霊の旧字は靈で、たましい、みたま、精神と言った意味があるそうです。

 

令和は、出典や音からして、本来の日本に戻るような(見えない世界の)意図があるのではないかと思われます。

 

そんな令和なので、見えない世界、エネルギーの世界について、あまり遠慮する時代でもないのかなと思い始めました。

 

なんとなくこれまでは、怪しいと否定される怖れがあって、あまり書かないようにしていたのです。

でもそれは、昭和や平成の記憶に過ぎないのではないかと。

 

もう令和だぞ、ということで、

今後は見えない世界についても、遠慮せずに書いていけたらと思います。