4. トラウマ(満たされなかった想い、心の傷)に気づく

 

トラウマとは何でしょう?

 

辞書には下のようにあります。

 

・身体への傷、または精神面あるいは感情面に長期的被害をもたらす出来事(心的外傷)

Weblio辞書より引用

 

ここでは、心的外傷によって発生した感情が結晶化した、「満たされなかった想い」「心の傷にまつわる想い」として扱います。

 

そしてそれには、次のようなものがあります。

 

バーストラウマ: 出生時(胎児期〜生後3ヶ月程度)におけるトラウマ

インナーチャイルド: 乳児期から成人までにおけるトラウマ

過去生トラウマ: 過去生(前世やそれ以前の生)におけるトラウマ

 

 

目次

バーストラウマ・インナーチャイルド

・バーストラウマとは

・インナーチャイルドとは

・バーストラウマ・インナーチャイルドの影響に気づく

・バーストラウマ・インナーチャイルドを癒す(解消する)

過去生トラウマ

 

 

 

バーストラウマ・インナーチャイルド

 

バーストラウマとは何でしょう?

 

一悟術のHPから引用します。

 

出生時(正確には胎児期から生後3ヶ月程度)における心の傷のことです。主に以下の理由により発生すると言われています。

 

現代医学に基づいた出産法をとること

生まれてすぐに、赤ん坊が新生児室に連れて行かれ、一定期間、そこで過ごすこと

生後から3ヶ月間、母親があまり抱いてやらないこと

赤ん坊がおなかにいる時、母親が強い肉体的・精神的苦痛を受けていること

(中略)

バーストラウマの弊害は、これらの経験により、死の恐怖や疎外感を体験し、「自分は生まれてきてはいけなかったのではないか?」、「生きていてはいけないのではないか?」などの、自分の存在を否定する情報を潜在意識領域の奥底に持つようになることです。

その結果、本人が予期しない人間関係・健康・お金などの現実的な問題や、精神的な問題となって影響が出てきます。

一悟術HP より引用)

 

出生時に傷ついた時の感情が、結晶化して「想い」(バーストラウマ)を形成します。

現代医学に基づいた出産法により、死亡率は圧倒的に低くなったものの、それ以前に比べてバーストラウマは増えてしまっているようです。

 

出産直後の母と子が引き離されることによって、赤ちゃんがどれほど悲しい気持ちでいるか、また、「自分は見捨てられたのではないか」という不安と恐怖にどれほど怯えているか、まるで配慮がなされていません。

さらに、そうした冷酷な仕打ちが、その後の赤ちゃんの成長にどのような害を与えるか、赤ちゃんだけではなく、母親にもどんな影響を及ぼすか、つまりは体内から築かれてきたはずの母と子のきずなを、いかに無惨に断ち切ってしまうか。これらのこと一切が、ほとんど考慮の外に置かれているのです。

(「宇宙の神秘 誕生の科学ー生まれる命が地球を救う」より引用)

 

むしろ文明が発達していない国や、日本の昔の産み方や育児方法の方が、トラウマレスという意味では理にかなっているようです。

そのため現代人は、過去の時代に比べてバーストラウマが大きい傾向にあるようです。

 

 

次に、インナーチャイルドとは何でしょう?

 

一悟術のHPから引用します。

 

乳児期から成人までの期間において、傷ついた出来事満たされなかった欲求が主な原因になっています。

(中略)

インナーチャイルドは、潜在意識領域の比較的深い部分に存在し、日常的に影響を与えています。主な影響は、感情の波や情緒不安定を生み出し、聞き分けの悪い子どものような思考パターンやふるまいをさせます。

(中略)

このような特徴から、社会性や人間関係の構築に問題が出たり、自己の内面における大きな葛藤を生み出したりもします。また成長過程において形成されるため、自分の人格の一部としてとらえてしまうことが一般的なようです。

一悟術HP より引用)

 

乳児期から成人までの期間において、傷ついた時、欲求が満たされなかった時の感情が結晶化して、「想い」(インナーチャイルド)を形成します。

バーストラウマが大きいと傷つきやすいため、インナーチャイルドもまた大きくなりやすい傾向があります。

 

バーストラウマやインナーチャイルドは、感情が液体とすると、固体のような性質があります。

固く安定した状態で存在し、刺激されるたびに、感情(の波)を生み出し続けます。

 

そのため、過去の「満たされなかった想い」「心の傷にまつわる想い」を常に抱えたまま、生きることになってしまいます。

そのためバーストラウマ・インナーチャイルドは、自分らしく生きることへの主たる阻害要因となっています。

 

 

そこでここからは、その影響に気づく方法について書いていきたいと思います。

 

 

バーストラウマ、インナーチャイルドの影響に気づく

 

例えば、幼少期に親から理解されなかった悲しみが、インナーチャイルドとして残っていたとします。しかしそのことは記憶の奥底に眠っていて、忘れ去られています。そしてなぜか、自分は人から理解されない、という自己否定を持っています。それにより、人間関係がうまくいきません。

この時に、それがインナーチャイルドの影響であるということに気づければ、「自分は人から理解されない」ということが真実ではないことがわかり、そこから抜け出す糸口を見つけられるかもしれません。また、インナーチャイルドを癒す入り口にも立てるかと思います。

 

そのための方法として、簡単なワークを紹介します。

 

例えば、親に似たタイプの人と接すると、「自分は理解されない」と感じて怒りが湧く、というパターンを持っていたとします。これに関して、成人以降→高校→中学校→小学校→幼稚園→それ以前、など時間軸を逆に振り返っていきます。

そうすると、インナーチャイルドが形成された時の記憶を思い出すかもしれません。例えば、中学生の時に先生から理解されずに怒り(と悲しみ)が湧いた記憶、小学生の時に親から理解されず怒られて悲しかった記憶、など。

それらを思い出すことにより、親に似た人に怒りを感じていたが、それは八つ当たりで、本当は過去に親に怒りや恨み、悲しみを感じていた「想い」が残っているのが根本原因、という構造が見えてくるかもしれません。

 

また別の方法として、バーストラウマ・インナーチャイルドについて勉強する、という手もあります。これにより、自分の「想い」について全体的に俯瞰することができるかと思います。

様々な本がありますが、個人的には「五つの傷」という本がオススメです。自身の体型から、心の傷と仮面を知ることができます。

 

 

バーストラウマ・インナーチャイルドを癒す(解消する)

 

また次の段階として、バーストラウマ・インナーチャイルドを癒す(解消する)段階があります。

 

その方法としては、いくつかの方法があります。

 

一悟術HPから引用します。

 

解消方法 メリット デメリット 解消度
一悟術甦生法 非常に簡単 簡単すぎて実感に乏しい場合がある 35%~80%
心理学的アプローチ 実感がある 思い出せない部分は扱えない 最大10%
退行瞑想 深く思い出せる 事実ではない架空のものを見る可能性がある 最大15%
修行 短期間に改善 つらく厳しく取り組みが困難 最大75%
瞑想 完全解消が可能 人生の大部分にわたる期間の取り組みが必要 最大100%

※解消度はあくまで目安ですので、かなりの個人差が出ます。

一悟術HP より引用)

 

様々な方法がありますが、実際にはこの中のいくつかの方法を組み合わせて行うのが、現実的かと思われます。

 

この中でオススメの方法について、簡単にご紹介します。

 

一悟術蘇生法(一悟術ヒーリング)

バーストラウマ・インナーチャイルドは固いため、一般的なヒーリングでは解消が難しいようです。しかし固いが故に、一度解消すると元に戻りません。一悟術ヒーリングでは、微細なエネルギーにより、これらの解消を行います。

※詳細は下記のリンク先をご参照願います

一悟術ヒーリング – 一悟術

一悟術甦生(そせい)法とは・・・ – 一悟術

 

心理学的アプローチ

「想い」は、欲求を核にして、感情が結晶化されたものです。そのため、記憶を辿ってその感情と向き合い、感じつくし、欲求を見つけ、満たす、というプロセスで解消が可能です。

例えば、インナーチャイルドを内なる子供というイメージで捉え、その感情を感じつくし、対話しながら欲求を満たしていく、などの方法があります。

ただ感情を感じつくすためには、感情と向き合う力が必要です。そのため、まずは感情のクリアリングから入り、それがある程度進んでから取り扱うのが現実的かと思われます。

 

瞑想

瞑想に関しては白光(びゃっこう)瞑想がオススメです。下丹田に白い光の球体をイメージするというシンプルな瞑想ですが、バーストラウマ・インナーチャイルドに限らず、エネルギー身体をクリアリングする効果があります。日々のクリアリングとして、習慣化するのがオススメです。

※白光瞑想に関しては、以下の書籍に記載があります

心の片付け

日本一わかりやすいマインドフルネス瞑想

 

 

過去生トラウマ

 

過去生(前世やそれ以前の生)における「満たされなかった想い」「心の傷にまつわる想い」で、死に際でのトラウマも含まれます。

基本的な扱い方としてはバーストラウマ・インナーチャイルドと同じですが、さらに思い出しにくいという傾向があります。そのため、まずはバーストラウマ・インナーチャイルドの解消を進め、それから取り扱うのが基本となります。

過去生トラウマが大きいと、バーストラウマが大きくなり、さらにインナーチャイルドが大きくなる、という傾向があります。そのため、バーストラウマ・インナーチャイルドは、過去生トラウマと似た性質を持つ傾向にあります。

そのようなバーストラウマ・インナーチャイルドに取り組むことにより、同時に過去生トラウマという、魂的な課題に取り組むことができます。おそらく、そのために最適な親を選んで(約束して)生まれてきているのではないかと思われます。

そしてうまく過去生トラウマの解消が進むと、来世はトラウマの少ない状態からスタートすることが可能です。

 

 

 

3. 感情を知覚する(感じる)

 

感情とはなんでしょう?

 

辞書にはこのようにあります。

物事に感じて起こる心持。気分。喜怒哀楽などの気持。特に心理学では、意識の主観的側面、感覚や観念に伴って起こる快、不快や情緒、情操の状態をいう。

出典:コトバンク

 

感情には本来、心を伝える媒質、自分を動かすブースターといった性質があります。それは「喜び」について考えると、わかりやすいかと思います。心が喜んでいることが伝わり、行動へと結びつき、自然と消えていきます。

 

しかし、「怒り」「悲しみ」「怖れ」「不安」といったネガティブな感情の場合、そう上手くはいかないのではないでしょうか?何らかの抑圧がかかったり、あふれた感情に飲み込まれ、言動が左右されたり、飲み込まれた状態が何日も続くこともあるかと思います。

 

多くの場合、インナーチャイルド(乳児期から成人までにおける、満たされなかった想いや心の傷にまつわる想い)が蓄積するに従い、感情を扱うことが困難になり、どこかで閉じることを覚えます。

そのため、感情を感じることよりも、感情を抑圧することが主になっていきます。

そして大人になる頃には、感情に蓋をするエキスパートになっている一方、感情を感じることに関しては、ほとんど力がない状態になっています。

 

そのため、少しづつ感情を感じるリハビリをしていく必要があります。これは、脚の怪我をして入院していた後、少しづつ歩くリハビリをしていくことと似ているかもしれません。

 

その一歩目となる、感情を知覚する(感じる)方法について、書いていきたいと思います。

 

 

①感情を知覚しよう(感じよう)とする

多くの場合、感情に蓋をしているため、感情が蓄積して、あふれてから初めて感情を知覚します。普段から主体的に知覚しよう(感じよう)とすることにより、蓄積する前にとらえることができるようになります。そして感情を知覚したら、それを感じ続けます。そうして感じ尽くすことができると、感情は自然と消えていきます。

練習としては、「怒り」「悲しみ」「怖れ」など、どれか一つの感情に絞って知覚しよう(感じよう)とすると、感覚がつかみやすいかと思います。

②水を飲む

水にはエネルギーを保持する性質があります。そのため、質の良い常温の水(浄水器を通した水やミネラルウォーター)を摂取することにより、エネルギーの補給や、不要なエネルギーの排出が行えます。目安としては、2L/1日以上の水を飲むと、感情(というエネルギー)を感じるベースが整うように感じます。

③動く速度を落とす

例えば高速道路を運転している時、追越車線で運転していると、刺激が多過ぎて怖れを感じるのが難しくなるかと思います。感情的に不安定になると危ないため、いつの間にか感情を切ってしまうかもしれません。

その時に走行車線に移り、速度を80km/h程度に落とすと、刺激が少なくなり、怖れを普通に感じられるようになるかと思います。

日常の行動でも、意識的に少しゆっくり動くことで、感情を知覚し(感じ)やすくなります。

④止まる

さらに刺激を少なくします。行動を止め、何もしない、もしくは他のことをします。高速道路で例えると、サービスエリアで休憩するイメージです。運転中に怖れが蓄積していたとしても、休憩しているうちに、その分が感じられて、軽くなるかと思います。

⑤目を閉じる

視覚を閉じて、さらに刺激を少なくします。椅子に座って、目を閉じてボーッとしていると、自然と感情がクリアになっていくかと思います。

⑥距離を離す

近くにあると怖いものでも、遠くにあるとそんなでもないかと思います。それを利用して、対象から物理的に少し距離を離すことで、感情を感じやすくさせます。

例えば本を読む時、抵抗でどうしても読めない文章があったとします。その時に距離を離すと、読みやすくなったりします。人や物との距離を少し取ることで、感情が楽に感じられることがわかるかと思います。

また応用編として、感覚やイメージの中で距離を離すという方法もあります。これは物理的に距離を取れない場合に、特に有効かと思います。

 

例えば、運転中に左折する時、巻き込み確認が怖かったとします。怖れがあふれてしまうと危ないため、いつも感情を切って左折しています。

その時に意識的に速度を落とすと、怖れをリアルタイムで感じられるようになります。それを繰り返していると、感情のクリアリングが進み、やがて速度を上げても、感情を感じながら左折できるようになります。

 

このようにして、日常でリアルタイムで感情を感じる割合を、少しづつ増やしていきます。

またそれをすることにより、少しづつ感情を知覚する(感じる)力がついてきます。感情は心を伝える媒質であるため、これは自分と向き合うための基礎力ともなってきます。

 

 

この次のステップとして、過去から蓄積して固着化した感情をクリアリングするプロセスがあります。

その方法に関しては、下記をご参照願います。

 

「人生が変わる感情のクリアリング」 : 感情のクリアリング方法についてシンプルに書いてあります

「感情の取扱説明書」: 感情のクリアリングの詳細に加え、心全体についても書いてあります

感情カウンセリング・トレーニングコース: 感情のクリアリング方法について、対面でしか伝えられない、より洗練した方法を学べます

 

 

 

6. 本質的自己(魂)とつながる

 

魂とは何でしょう?

 

辞書には、このようにあります。

生きものの体の中に宿って、心の働きをつかさどると考えられるもの。古来、肉体を離れても存在し、不滅のものと信じられてきた。

出典:goo辞書 – デジタル大辞泉

 

生まれ変わりという概念を信じるとすると、魂はその主体と考えられます。

前々世、前世、今生、来世、、と転生を繰り返すもの。

 

その目的は何でしょう?

 

学び、成長するためという説があります。

何らかの生命体に宿り、人生を経験することにより成長する。

 

そのような考えからすると、自己成長は、魂の成長の一部とも言えます。

 

魂の声は微細なため、潜在意識が整理されていないと、聴こえません。

 

潜在意識のクリアリングが進むと、魂の声が聴こえやすくなり、魂とのつながりが深まります。

それにより、魂の欲求に沿って生きやすくなります。

 

そしてそれに沿って生きると、人生に深い喜び、たのしさを感じられるようになっていきます。

そのとき人は、魂の目的に沿って生きているのかもしれません。

 

 

 

2. 観念(信念、強い思い込み)をゆるめる

 

観念とは何でしょう?

 

辞書にはこのようにあります。

物事について抱く考えや意識

出典:コトバンク

 

ここでは、固定観念、信念、強い思い込み、といった意味で使います。

 

例えば、「赤信号は渡ってはいけない」「お金持ちは悪いことをしている」「子供は可愛い」といったものから、「〜さんは〜だ」「私は〜だ」といったものまで様々です。

 

うまく機能すると、自転車でいう補助輪のような役割を果たしますが、必要なくなったのに持っていて、逆に足かせになっていることもあります。

 

自分で認識している(顕在意識領域の)観念もあれば、認識していない(潜在意識領域の)観念もあります。

 

気づかずに持っていると、知らずに足を引っ張っていることがありますので、なるべく気づいて、手放して行くと良いでしょう。

 

その手放し方ですが、強い思い込み、ということですので、弱めることで観念では無くなります。

 

例えば、「(歩行中)赤信号では渡ってはいけない」という観念を持っていたとします。

 

その場合、自分の中で赤信号で渡るという選択肢はありません。

渡ろうとしたら、(安全であったとしても)怖れなどの感情が出てくるかもしれません。

 

それはある意味では安全ですが、自転車の補助輪のように、自由度を制限するものでもあります。

 

もしこれを手放すとすると、次のような方法があります。

 

 

思考の中でゆるめる

観念に対して、反論していきます。

「車がいないときは赤信号で渡っても問題ない」「警察がいなければ特に問題は起こらない」「赤信号で渡っている人もいる」「気をつけていれば問題ない」「車がいないのに待っている方がおかしい」など。

同時に、出てくる感情を感じて、手放していきます。

うまく行くと、観念が緩んで、赤信号で渡っても渡らなくてもどちらでも良くなります。

 

行動でゆるめる

観念と反対の行動をしてみます。この場合であれば、実際に赤信号の時に渡ってみます。

全く車がいない、どう考えても渡れる時などに渡ってみます。この場合も、出てくる感情を感じて、手放していきます。

うまく行くと、潜在意識レベルで書き換わります。

「赤信号で渡っても特に何も問題は起こらない」と。

 

①、②がうまく行くと、観念が緩んで、赤信号で渡っても渡らなくてもどちらでも良くなります。

そして次からは、赤信号で渡るか渡らないかは自己選択になります。

 

自分に近い観念(「自分は〜だ」などのアイデンティティやセルフイメージ)ほど難易度が高いので、まずは自分から遠い、どうでもいい観念から手放して行くと良いかと思います。

 

 

 

1. 自己成長について

 

まず、自己成長についてのイメージを、共有していきたいと思います。

というのは、人によって、「自己成長」という言葉が表わす意味が異なると思われるからです。

 

ちなみに辞書ではこのようにあります。

「自分で努力して成長していくこと。自ら促して成長していくこと。」

出典:Weblio辞書 – 実用日本語表現辞典

 

一般的には努力して、理想の自分を作りあげていくイメージかもしれません。

一方、私自身はというと、本来の自分を、彫り出していくようなイメージを持っています。

 

ここで私自身のイメージを共有するために、自己成長と方向性が合っていると感じる言葉を挙げてみようと思います。

 

「手放す」「自己肯定」「感情を感じる」「向き合う」「自己対峙する」「自己表現」「調和」「自己一致」「楽しい」「素直」「感性が開く」「自立」「解放」「豊か」「とらわれが減る」「整理される」「ポジティブ」「対等」「受けいれる」「自分らしい」「幸せ」「許容」「本質」「枠が広がる」「自己理解」「シンプル」「クリア」「意識の覚醒」「グラウンディング」「本音に沿う」「リラックス」「健康」「感情の安定」「自然体」「QOL(人生・生活の質、主観的幸福感)が高まる」etc.

 

このようなイメージからすると、人生の全てのことが、自己成長と関連してきます。

 

ただそれだと広がりすぎますので、ここでは自己の内面(潜在意識)に絞って、書いていきたいと思います。

 

以下のように、潜在意識の表面から奥へと、順に書き進めていこうと思います。