エネルギー体から見る自己成長

自己成長の基礎
この記事は約5分で読めます。

 

自己成長に関して、

人によっては、エネルギー体から説明するとわかりやすいかもしれません。

 

 

エネルギー体とは

 

まず、エネルギー体とは何でしょうか?

 

一般的には、

オーラというとイメージしやすいかもしれません。

 

 

Wikipediaには下のようにあります。

 

・「人間のオーラというのは肉体を取り巻くエネルギーフィールド」で「人間をすっぽりと包み込む立体的なもの」

・人間、動植物、あるいは無生物を取り巻いているとされる心霊的なエネルギー場ないし放射物を指す

人体のオーラ微細身(みさいしん;サトルボディ)の外層を成し、肉体から2、3フィート離れたところまで広がる卵型の領域を形成しているとイメージされることが多い

・科学風の用語を使うときは、オーラは「微弱な電気エネルギー」、「電磁場である」、「光のエネルギーである」などとされる

・通常の知覚の範囲外に波動領域が存在している

(引用:Wikipedia

 

 

エネルギー体の層

 

エネルギー体には、

肉体に近い層から順に、以下のようなものがあります。

エーテル体(生命体、生気体): 身体の鋳型。一般的にオーラとして視られる層。観念は主にここに属す。

アストラル体(感情体): 感情の座。体外離脱(アストラル投射)するときはここから離れる。

メンタル体(精神体、知性体): 精神の座バーストラウマ・インナーチャイルド(心の傷)、エゴ(自己防衛本能)はここに属す。

コーザル体(原因体、元因体、因果体): 過去生の座ハイアーセルフ(高次の自己)。過去生トラウマ(過去生の「心の傷」)はここに属す。

 

 

それぞれの層は、相互に影響を与えあっていますが、

主に、高次(コーザル体)から低次(物質的身体)と影響が伝わります。

(音階の様に、高音から低音へと、オクターブ下がっていく様なイメージ)

 

 


コーザル体
  ⇆ 過去生トラウマ

↓↓↓↑

メンタル体  ⇆ バーストラウマ・インナーチャイルドエゴ

↓↓↓↑

アストラル体  ⇆ 感情

↓↓↓↑

エーテル体  ⇆ 観念

↓↓↓↑

物質的身体

 

 

そのため、過去生トラウマバーストラウマ・インナーチャイルドがあると、コーザル体メンタル体が歪み、

それがアストラル体へと伝わり、感情の波を生み出します。

 

また、感情が蓄積すると、アストラル体の歪みが発生し、

エーテル体が歪み物質的身体に不調が生じます。

 

 

エネルギー体を癒す(クリアリングする)

 

これらを癒す(クリアリングする)方法として、

以下のようなものが挙げられます。

 

 

コーザル体 ⇆ 過去生トラウマ   心の傷を癒す

↓↓↓↑

メンタル体 ⇆ バーストラウマ・インナーチャイルドエゴ  心の傷を癒すエゴを手放す

↓↓↓↑

アストラル体 ⇆ 感情      感情のクリアリング

↓↓↓↑

エーテル体 ⇆ 観念       観念を手放す

↓↓↓↑            東洋医学(経絡や気など)

物質的身体           西洋医学

 

 

一般的に、西洋医学で難病とされている病気は、

単にエーテル体以上に原因があるだけの可能性があります。

 

 

また、東洋医学エーテル体物質的身体界面に作用するため、

物質的身体に不調が来る前の未病の治療が可能なようです。

 

 

このように自己成長には、

エネルギー体のクリアリング(≒未病の治療という側面もあります。

 

 

エネルギー体と心理的・霊的健康

 

ところで、WHO(世界保健機関)では、

健康を、「病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあること」と定義しています。

 

 

そして、QOL(Quality of Life、人生/生活の質主観的幸福感)という概念を提唱しています。

 

これは、5つの領域(①身体的状態、心理的状態、③社会的交流、④経済的・職業的状態、宗教的・霊的状態で構成され、

WHO の定義した健康概念にほぼ相当します。

 

 

このうち、心理的状態霊的状態の健康は、

エネルギー体の健康とも言えるかと思います。

 

 

そのため、

 

自己成長として、エネルギー体のクリアリングを進めることは、

心理的状態霊的状態も含めた、真の健康を得ることにもつながっていると言えます。

 

 

関連記事

1. 自己成長について

2. ネガティブな(不要な)観念をゆるめ、手放し、制限を外す

3. 感情を知覚して、感じつくし(感じ切り)、クリアリングする

4. 心の傷(インナーチャイルド・過去生トラウマ)に気づき、癒す

5. エゴ(自己防衛本能)をゆるめ、手放し、自分の枠を広げる

6. 魂(本質的自己)とつながって、本音に沿って生きる

 

エネルギー体から見る自己成長

 

 

Hideプロフィール

一悟術ヒーラー/リーダー/感情カウンセラー

古神道の流れを汲む「癒しの技術」を用いて、「生きづらさ」を軽減し、Quality of Life(人生/生活の質、主観的幸福感)を高めるサポートを行なっている。

元エンジニア。

2018年、北アルプスの麓(長野県白馬村)に移住。

>>詳しいプロフィール

 

自己成長の基礎
Hideをフォローする
魂とつながって生きる 〜 一悟術ヒーラー/リーダー/感情カウンセラー Hide HP

コメント

タイトルとURLをコピーしました