大峯奥駈

この記事は約1分で読めます。

 

一年前、雨で途中下山した大峯奥駈。

今年続きを歩いてきました。

 

昨年、和歌山の熊野から南半分近くまで歩いていましたので、今年は北側。

前鬼、弥山、山上ヶ岳を抜けて、吉野まで歩きました。

 

 

行く前はかなりの抵抗で、ずっとおかしな状態になっていました。

なんとか準備して、奈良まで辿り着いたといった感じでした。

 

 

また今回は途中で左膝が痛くなって、下りだけ遅くなりました。

そのため、後半はずっと一人で歩いていました。

 

ただ本来行者は一人で歩くもの、という気もしたので、それは良かったです。

自然の中に自分一人、一歩一歩、感覚を頼りに歩く、といった感覚になっていました。

 

 

大峯奥駈から帰って何日か経ちますが、まだボーッとした状態が続いています。

どこかフラットな感じで、まだ感覚がつかめていません。

 

大峯奥駈で得たものを振り返り、人生に生かしていけたらと思います。

 

 

Hideプロフィール

一悟術ヒーラー/リーダー

縄文・古神道の流れを汲む「癒しの智慧」を用いて、「生きづらさ」を軽減し、Quality of Life(人生/生活の質、主観的幸福感)を高めるサポートを行なっている。

元エンジニア。

2018年、北アルプスの麓(長野県白馬村)に移住。

>>詳しいプロフィール

 

覚醒登山
Hideをフォローする
たましひと繫がって、たのしく生きる 〜 一悟術ヒーラー/リーダー Hide HP

コメント

タイトルとURLをコピーしました