出雲への旅①

この記事は約2分で読めます。

 

旅行セミナーで出雲に行ってきました。

 

 

ちょうど台風19号が来ていたタイミングで、

避けるように西へ移動しました。

 

 

出雲ということで、

まずは糸魚川で天津神社に参拝。

 

御祭神の一体である、高志国(越の国)の奴奈川姫は、

出雲の大国主の妻とされています。

 

 

そこから日本海側をずっと走り、

兵庫県へ。

 

 

翌日、出雲へ向かいます。

 

途中、台風の影響か、

雨風の影響を受けます。

 

 

そんな中、白兎神社に参拝。

 

御祭神の白兔神は、

出雲の大国主と八上姫の縁結びの神様と言われています。

 

 

さらに荒れる日本海を見ながら、

出雲へ向かいます。

 

 

出雲で旅行セミナーの開始。

 

まずは荒神谷遺跡へ。

出雲王国の遺跡がありました。

 

 

宿に泊まって古代料理を食べていると、

出雲王国に占領された原住民(縄文人)だったような気がしてきました。

 

海で漁をしていた生活から、

征服者の支配に置かれた過去生があったような。

 

 

それで魚を食べるのが好きなのでしょうか?

 

 

日本の歴史とつながったような1日目でした。

 

 

出雲への旅②へつづく

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました